Buy And Sell House

敷金と礼金とは何?一人暮らしをするなら必見の情報

敷金は担保となる費用

賃貸物件を利用するときに敷金が必要なので知っておくと良いです。これは大家さんに預けるもので、退去するときには返してもらうことができます。どういうふうに使うのかというと設備を故意または過失によって傷つけたり壊したりしてしまったときに使うのが基本です。例えば、飲み物などをこぼして床にシミができた場合、取り替えるために使います。
また何らかの理由で家賃が払えなくなったときに敷金で賄われる仕組みです。物件情報には敷金2ヶ月分と書かれているものがありますが、最初に家賃2ヶ月分を預けるということなので理解しておきましょう。

礼金はお礼として支払うお金

敷金は一度支払っても戻ってきますが礼金は戻ってきません。基本的に大家さんにお礼も兼ねて支払うものです。賃貸物件に入居するときに発生する費用で敷金と一緒に支払いを行うのが基本です。どうしてお礼をするのか疑問に感じる方もいるでしょう。
礼金は住宅があまりなかった時代に生まれた風習で日本で独特のものとなっています。中には不動産屋に支払う金額として処理される場合もあるので覚えておくと良いです。インターネット上にある物件の紹介サイトでは礼金が0円になる場所もあるのでコスト削減をしたいときに使えます。

敷金と礼金0円の中身

ネットの物件の敷金礼金ゼロと書かれている物件がありますが、ちょっと注意が必要です。特に敷金は何かあったときに担保になる金額なので0円だとリスクが高くなるといえるでしょう。敷金礼金ゼロの物件ではなく礼金ゼロの物件がおすすめです。

札幌市白石区にある菊水の賃貸物件。地下鉄駅があり、交通アクセスは便利です。ただ冬はかなり寒いので防寒設備のある賃貸にしないと暖房費がかかります。

Scroll To Top