Buy And Sell House

オフィスの利便性は業種で変わる?賃貸オフィスを上手に活用しよう!

オフィスの賃貸物件を選ぶ際のポイント

会社や団体の営業所として用いられるオフィスは自社所有よりも貸し物件を利用するケースが多数を占めます。窓口業務やデータ管理などの事務仕事が多いことから場所を選ぶ必要性が低く、移転が容易なのが賃貸オフィスの需要が多い理由の一つです。賃貸オフィスを利用する場合、業務内容に適した造りになっている所を選ぶのが業務の効率性向上に繋がります。また、交通の便が良い立地であれば従業員の出退勤がスムーズに行えるので、家賃が割高でも結果的に業務の質が上がって利益が増大します。その一方でオフィス物件の多くは複数の物件が入っている雑居ビル内にあることから、廊下やエレベーターなどの共有スペースの使用ルールを守り、他の入居者とのトラブルを避けることが重要になります。

賃貸オフィスの上手な活用法

賃貸オフィスの利点は移転が容易なことが挙げられます。自社所有のオフィス物件は長期の運営に適していますが、移転が難しい欠点もあります。賃貸物件であれば業績の状況に合わせてより良い立地物件へ移転出来ます。また、催し物の窓口など、短期間のオフィスワークを行う際にも賃貸物件は便利です。予め入居期間を決めておくことで家賃の支払いなどの支出の算出が容易になります。また、自社所有の物件と異なり、固定資産税などの税金がかからないのも賃貸オフィスを利用する利点の一つです。

賃貸オフィスの利便性は立地環境が大きく影響することから、業種ごとに最適な所を確認するのが物件選びで失敗しないためのコツです。

賃貸事務所 港区なら都内の貸事務所や賃貸オフィスが検索できて、写真・図面の数が豊富で、外観写真がある不動産サイトから探すといいです。

Scroll To Top